血糖値の神様

血糖値が高い!糖尿病が怖い!そんな方に運動や食事による血糖値対策を紹介します

尿酸値を下げる方法とタイプ別上がる原因

更新日:

尿酸値が上がるタイプ別原因

・遺伝的な原因について

尿酸値が上がるタイプ別原因としてはまず遺伝的な要因と環境的な要因とに大別することが出来ます。ですが遺伝子の変異を持っている人はさほど多くはないのでほとんどの痛風、高尿酸血症は環境的な要因で起こっていると言うことが出来ます。

ですが痛風、高尿酸血症に遺伝子が全く関与していない訳ではなく痛風、高尿酸血症になりやすい体質は遺伝しますが生活習慣の改善で予防、改善することは可能です。

・食生活による原因について

食事内容は尿酸値の上昇に関係があると言えます。長期的に肉を多く食べると尿酸値が上がり痛風のリスクが高まります。また肉だけではなく海産物も同様のことが言えます。逆に野菜や乳製品は尿酸値を下げる効果があると言えます。

あとアルコール飲料を摂取すると尿酸値は一時的に上昇します。アルコールが体内で分解される際に尿酸が作られ、その時にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積されてしまいます。

ですがお酒の種類によっても尿酸値の上昇率は異なりビールは上昇しやすいと言えますがウイスキー、ブランデー、焼酎といった蒸留酒はあまり上昇しないと言えます。

・その他の尿酸値上昇の原因は

遺伝や食生活の他にも尿酸値を上昇させる原因としてストレスを挙げることが出来ます。激しい運動をすると尿酸値が一時的に上昇すると言えますし、発汗、下痢による脱水状態の時にも血清尿酸値が上昇すると言われています。

それから腎機能が低下や血液の病気の人も尿酸値が上がるので注意が必要です。

尿酸値を下げるアンセリンの効果3つと副作用!食べ物飲み物よりサプリがおすすめ

・疲労感を軽減する効果 アンセリンの効果の一つは、疲労感を軽減してくれる作用です。 これは、激しい運動やストレスなどで発生する体内の活性酸素を抑える強力な抗酸化パワーによるもの。 そもそもアンセリンは ...

続きを見る

尿酸値が下がる食べ物

血液中に尿酸が増えて尿酸値が高くなってしまうと高血圧、尿管結石、腎障害などさまざまな症状が出てしまい健康面で問題が生じてしまいます。

特に尿酸値が7.0mg/dLを超えた状態が続くと高尿酸血症と診断されてしまいすぐに尿酸値を下げていく必要があります。

尿酸値を下げる方法はいくつかありますが、日常生活の食事でも下げる事が出来ます。そこで尿酸値を下げる事が出来る食べ物を挙げていく事にしましょう。

・ほうれん草

ほうれん草はビタミンやミネラルが豊富に含まれているので体に必要な栄養素を摂取する事が出来ますが、それと同時に尿をアルカリ性に傾けていく事が出来ます。尿がアルカリ性に傾くと尿酸が溶けやすくなるので尿酸値を下げていく事が出来ます。

・ワカメ

ワカメは髪の毛に必要な栄養素が豊富に含まれていて健康な髪の毛が生えてくるのを促してくれる食べ物ですが、ほうれん草と同様に尿をアルカリ性に傾けていく事も出来ます。それにより尿酸が溶けやすくなるので尿酸値を下げていく事が出来ます。

・ヨーグルト

ヨーグルトは腸内環境を整えてお通じを良くしてくれる食べ物ですが、カゼインという成分が含まれていて腎臓に溜まっている尿酸を排出してくれます。それにより尿酸値を下げていく事が出来ます。

尿酸値が下がる市販のサプリおすすめ3つ!DHC

尿酸値が下がるサプリおすすめ3つを紹介します。 ・DHCアンセリン まずDHCアンセリンは3つの中でもイチオシで鮪、鰹といった回遊魚のスタミナ源である特有成分を30倍に濃縮したフィッシュペプチドが配合 ...

続きを見る

尿酸値が下がる運動

尿酸値が上がることで発症しやすいのが「痛風」です。
名前の通り、風が吹いても痛みを感じるほどの激痛を伴う病気です。
痛風を改善するためには食事の改善も大切ですが、同時に尿酸値を下げる運動を日常生活の中に取り入れるのが良いでしょう。

(尿酸を下げるための運動)

運動には有酸素運動と無酸素運動があるのですが、尿酸値を下げるのに最適な運動は有酸素運動です。
中でも最もお勧めなのが「ウォーキング」です。
普段、運動不足の人がいきなり初めても体への負担が少なく、けがや痛みを感じることなく行うことができるのがメリットです。
忙しくて時間が取れない人は、通勤の合間を利用しバスや電車を乗る習慣をやめて一駅分を歩いてみるのも良いでしょう。
ウォーキング以外の有酸素運動では、水泳、軽めのジョギング、サイクリングなどがあります。

(目安となる運動量とは)

上記の有酸素運動を週に三日程度、一日に30分から一時間行うのが良いでしょう。
時間がないという方は10分ごとの運動を三回に分けて行うのもおすすめです。
「体を動かす」という習慣を毎日の中に取り入れていくことが大切です。

(運動するときの注意点)

尿酸値を下げるためには激しい運動は適していません。
なぜなら、体内の水分が減ることで尿酸の結晶化を招く恐れがあるからです。
ですから、運動するときには「少し息が上がる」ぐらいの運動量を保つとよいでしょう。

尿酸値が下がる飲み物

尿酸値を下げる飲み物を見ていくとき、通風対策にも関連する事柄に目を向けることが重大です。

[糖分に気を付けよう]

尿酸値を下げたい人は、まず糖分を控えて飲めるものに焦点を当てることになります。代表例であるアルカリイオンを含んだ水は、体外へ排出するのを促す作用がいくつも存在しており、日常的に摂取することが望ましい要素がふんだんです。さらに意外な飲み物として、牛乳が候補となっています。牛乳は胃で分解されてアラニンという成分へ変化し、最終的に尿酸値低下へ貢献してくれます。このように身近な飲み物で気軽に尿酸値を管理できることは、大きな魅力であるとされます。

[飲む分量に着目してみよう]

先ほど紹介した飲み物も分量に最大限配慮していくことが大事となり、何事も程々に飲用する行動が基本です。さらに2または3週間程度は継続する必要があり、即効性よりは気長に待つといった覚悟が大切です。ゆえに食生活の中に取り入れることで、継続できる可能性が飛躍的に向上します。

[美味しく飲めるものが一番]

通風に似た尿酸値低下対策では、自分が美味しく飲めるものを選ぶ姿勢が大事です。水分補給の延長上にこうした対策が生かせれば、継続する意味がはっきりしてきます。

尿酸値が下がるお茶

尿酸値が上がると腎臓などの病気にかかりやすくなってしまうので早めに改善していく必要があります。尿酸値を下げる方法はいくつかありますが、最近ではお茶を飲んで尿酸値を下げている人が増えてきています。お茶は手軽に飲む事が出来る飲み物なのでオススメの方法とも言えます。お茶にもいろいろな種類がありますが、尿酸値が下がる効果があるお茶をいくつか挙げていく事にしましょう。

・緑茶

緑茶は日本を代表する歴史のあるお茶でカテキンが含まれているので血糖値やコレステロール値を下げる事が出来ます。それにより肥満を防止してくれるので腎臓の働きも活発になります。腎臓の働きが活発になるとスムーズに排尿する事が出来るようになるので尿酸値も下がっていきます。

・麦茶

麦茶は緑茶とは配合されている成分が異なりますが、利尿作用があるので排尿する回数が増えてきます。排尿する回数が増えると尿酸を体外に排出する事が出来るので尿酸値も下がっていきます。

・烏龍茶

烏龍茶は食物繊維が含まれているので脂肪を吸収するのを抑えてくれます。それで腎臓の働きが活発になり尿酸値が下がる効果はあります。しかしカフェインが含まれているので飲み過ぎてしまうと胃に負担をかけたりするので注意が必要です。

尿酸値を下げる薬(処方箋と市販薬)

尿酸値が高いとどうなる

病院などの血液検査を行ったときに尿酸値が高いと言われたことはありませんか。あってもよく分からないからそのままにしているという方も中にはいると思います。なのでこの尿酸値が高いとどうなるのかを話していこうと思います。

尿酸値が高いと痛風になりやすいです。痛風は足が腫れ上がる炎症のことを言うのですが、これはかなり痛いです。動けなくなるほどなので気を付けないといけません。他には結石ができる場合もあります。結石は主に腎臓にでき、石みたいなものなのですがこれもかなり痛みがあり、自分での治療ができないのがとてもやっかいです。

そもそも尿酸値が上がる原因

ではなぜこのように尿酸値があがってしまうのか。これは未だにはっきりしていない部分が多いです。ですが生活習慣が大きく関わっているのでここを改善すれば落ち着くらしいです。なのでまずは生活習慣から直してみてください。

尿酸値を下げる薬

尿酸値を下げる原因はきちんとあります。アロプリノールやフェブキソスタットは尿酸を作ることを抑制できる薬で、ベンズブロマンやプロベネシドは尿酸を体外に出す役割を持ちます。これらは尿酸値を下げる効果がありますが、長期的な服用が必要なためかなり根気が必要となってくるでしょう。ですが、上記に書いた病気を予防するためには必要なのでぜひ覚えておいてください。

尿酸値が下がる漢方薬

尿酸値という言葉は通風と大きく関係し、やがては生活に支障を来たす程までなってしまします。そこで普段から意識して、漢方薬を服用することが大事なのです。

[尿酸値低下は利尿作用の促進が大切である]

体内に老廃物が蓄積されがちな状態は、後々大変なことへつながります。尿酸値が異常に高い場合は、利尿作用を促進させる効能が重要となり、一般的に通風にも効き目がある漢方薬が適します。

[尿酸値低下はプリン体と密接に関係する]

食べることでエネルギーを蓄積する私たちにとって、不要なものは全て体外へ出すことが理想となります。中でもプリン体は生命活動に不可欠な内容のひとつですが、過剰摂取となれば尿酸を増やす要因になってしまいます。からだの代謝率をアップさせる能力を保つことで、健康的な数値に戻せる内容が判明します。プリン体の情報がわかった今日では、尿酸値を著しく下げるには見ておくべき事柄です。

[普段の食事で尿酸値の管理をしてみよう]

普段の食生活は尿酸値に良い影響をもたらすこととなり、継続していくことで健康的なからだづくりが叶います。栄養が豊富な食物が増えたことから、腹八分目という言葉を頭に入れて、バランスのよい状態を目指す意識が成功の鍵となります。

尿酸値が下がるまでの期間、上がる期間

<具体的な成果を知ることが大事>

尿酸値を下げるには、具体的に何をすべきかを学習すべきです。下がるまでの期間として報告されている内容は、最短で10日ほどです。即効性がある処方箋を利用しながら個人で努力して得た結果であり、一般的には28日が目安となります。

また一度下がっても再び尿酸値が上がることがあって、1か月ほどで元通りになってしまったという状況もあり得ます。尿酸値は放置すれば通風に似た痛みを発生し、日常生活に支障が出ることが想定されます。

<家族も尿酸値について理解することが大切>

尿酸値が高い人が家族にいれば、生活スタイルを見直す必要が出てきます。特に1日3回の食事においては、プリン体を含む食材を極力減らしていくという努力が大事になってきます。尿酸値が上下に動くことは当たり前であり、時折数値に気を配るという意識を持つことが重要です。上げ下げのタイミングを自分なりに把握し、尿酸値を上手に管理する行動が不可欠です。

<アルコール摂取が尿酸値には関係します>

アルコールを愛用している人は、尿酸値が急激に変化することになり、不安を抱く人がいます。一時的な数値の上げ下げは、快く見守る方向が今後のためにも良い兆候です。

尿酸値が上がる危険性と初期症状と自覚症状

尿酸値が上がって7mg/dLを超えた状態になると高尿酸血症と診断されますが、自覚症状がほとんどないので実際に病院で検査を受けてみないと判別する事が出来ません。高尿酸血症を放置してしまうと尿路結石や腎臓病などが発症してしまう可能性も高まってしまいます。特に腎臓病は命の危険性もあるので注意が必要になってきます。尿酸値が上がった時は目安となる初期症状はいくつかあるので確認していきましょう。

・血圧が高くなる

尿酸値が上がると高血圧が合併症として出てしまう事も多いので血圧が高くなる事があります。血圧は130/85mmHg未満が正常値と言われているのでこの数値より高くなってきたら尿酸値が上がっている初期症状の可能性があります。

・体がだるくなる

尿酸値が上がると糖尿病が合併症として出てしまう事も多いので体がだるくなる事があります。規則正しい時間にしっかり睡眠を取っていても起きた時に体にだるさが残っていたりしたら尿酸値が上がっている初期症状の可能性があります。

・シャツが黄ばむようになる

尿酸値が上がると皮脂が混ざった汗が分泌するようになるのでシャツが黄ばむ事が多くなります。汗をかいた時にいつもシャツが黄ばんでいる時は尿酸値が上がっている初期症状の可能性があります。

 

血糖値コントロールはサプリ

高めの血糖値に悩む人に人気のサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は田七人参を贅沢に使ったあの和漢サプリでした。

血糖値に効くサプリランキングバナー

-痛風・尿酸値

Copyright© 血糖値の神様 , 2018 All Rights Reserved.