血糖値の神様

血糖値が高い!糖尿病が怖い!そんな方に運動や食事による血糖値対策を紹介します

サポニンの効果と副作用!サポニンを多く含む食品とサプリ

更新日:

・サポニンには血糖値を下げる効果がある

サポニンに期待できる効果としては血液循環を促進し悪玉コレステロール値を低下する働きを挙げることが出来ます。さらに血液中の中性脂肪を洗い流す作用があるので血糖値を下げる効果があると医学的に証明されています。

そして血糖値を下げる他にもサポニンにはダイエット効果、免疫力のアップ、肝機能を高める、咳や痰を予防といった効果があると言えます。あと血行が良くなる働きがあるので糖尿病、高脂血圧、動脈硬化、心筋梗塞といった生活習慣病を予防することが出来ます。

・サポニンを含む食品

サポニンは植物の根や葉や茎といった部分に含まれている有機化合物で苦み、エグみの元と言えます。サポニンを多く含む食品としては大豆、高麗人参、田七人参、桔梗を挙げることが出来ますが大豆以外は味に癖があるので少々摂取しにくいと言えます。

また大豆、人参に含まれるサポニンは効果が穏やかなので大豆サポニンなら1日に100mg程摂取しても全く問題はないと言えます。ですが生薬として使用される桔梗はサポニンの効果が強いので過剰摂取すると吐き気といった副作用が出る事があるので摂取目安をきちんと守ることが重要です。

白井田七を買うべき理由は3つ!田七人参の高品質和漢サプリメント徹底レビュー

白井田七を今すぐ購入する 白井田七は40代以上の血糖値に悩む方から圧倒的な支持を得ています。満足度94%の和漢サプリメントです。 白井田七の3つの特徴と効果 白井田七にはどのような効果が期待できるので ...

続きを見る

・サポニン配合のサプリの摂取方法

苦みやえぐみがあるサポニンを摂取するならサプリメントがお勧めです。サプリメントを摂取する場合に効果的な飲み方は毎日飲み続けること、飲むタイミングとしては空腹時が最も吸収率が高いので効果が期待できます。あと好転反応が起こる場合があるのでその時は一旦飲むのを止めると症状も治まります。

 

 

サポニンの効果効能

サポニンとは何か

サポニンは植物の根や葉っぱや茎などに含有されている不快な味であるエグみや苦みなどの成分であり水に溶けると泡立つと言う性質があり天然の界面活性剤と言われるほどで実際にこの利点を生かして洗剤としても利用されております。大豆やそら豆などのマメ科の植物に多く含まれており高麗人参などのウコギ科の植物にも含まれています。

サポニンの主な効果

サポニンは血流改善効果がありますので動脈硬化や心筋梗塞や脳梗塞と言った病気に繋がるリスクを大幅に低減させる可能性があり血流が改善されるので顔色が良くなり美肌効果にも期待する事が出来ます。また免疫力をアップさせるのので風邪やウィルスだけでなくインフルエンザなどの病気になりにくくなるといった効果も期待されています。その他にも悪玉コレステロールを減少させたり肥満予防などの様々な効果が期待出来ます。

サポニンで血糖値上昇抑制効果があったことはこちらの論文でも証明されています。

参考:あく抜き処理したトチノキ種子から単離されたサポニン成分の血糖値上昇抑制作用と苦味の低減化

サポニンの副作用

サポニンは通常であれば問題無く身体に良い影響を与えてくれますので副作用はまずありませんが過剰摂取をしてしまった場合赤血球の膜を溶かしてしまったり悪玉コレステロール値を下げるのと同時に善玉コレステロール値も減少してしまうのでその点を気を付けなければならないでしょう。

・更年期障害の症状の緩和

サポニンの効果効用として真っ先に挙げることが出来るのが更年期障害の症状の緩和です。更年期対策のサプリメントとして販売されていて自律神経のバランスを整えてくれます。その結果ホルモンバランスの乱れも改善することが出来るので、ホットフラッシュなどの肉体的な不具合からイライラなどの精神的な症状まで効果が期待できます。

・肥満、生活習慣病の予防

サポニンは腸で吸収されたブドウ糖と脂肪が合体するのを抑制することで脂肪が蓄積されるのを予防することが出来ます。さらに血中の悪玉コレステロールを下げる効果があるので生活習慣病の予防効果が期待できます。またサポニンには体内でインスリンと同じような作用をするので血糖値を下げる効果があります。その結果血流が改善されて血液をサラサラにすることが出来、血糖値を抑えてくれるので糖尿病の予防にも有効と言えます。

・免疫力のアップ

サポニンには活性酸素、アレルギー物質の侵入をブロックしてアレルギー症状を緩和する働きがあると言えます。その訳はサポニンにウイルス、細菌から人間の体を守る免疫機能の一種であるナチュナルキラー細胞を活発にする作用があるからです。免疫力をアップすることで風邪、インフルエンザの予防効果があると言えますし、アレルギー症状や花粉症の症状の緩和が期待できます。

サポニンの副作用

溶血の症状の出る可能性がある

サポニンによる副作用の代表例としては、溶血の症状の出る可能性がある点が挙げられています。ヘモグロビンが血中から染み出る状態であり、溶血が重度になると貧血やめまいなどの身体的な問題も起こるとされています。過剰にサポニンを摂取することで発生する頻度は、最も高いのではないかと認識されていることから、注意を払うことが望ましいとされています。

善玉コレステロールの減少

サポニンには、コレステロールを減らす作用があることで知られています。悪玉コレステロールをしっかりと減らすことが、サポニンの適量の摂取では期待されていますが、過剰に摂取することで善玉コレステロールも減らす可能性があると考えられています。コレステロールのバランスが崩れ、体の動きに支障の出る可能性があるのではないかと想定されています。

症状が重篤になる可能性も

溶血や善玉コレステロールの値の減少が進行してしまうと、症状が重篤になりごく稀に身体への危険が懸念されることも副作用の一部として挙げられています。サポニンの過度な接種が起こす副作用であるとされていますが、溶血、善玉コレステロールの減少はいずれも深刻化することは好ましくないと考えられています。場合によっては危険な状態になることもあるため、その点も留意する必要があるのではないでしょうか。

サポニンを多く含む食品

(サポニンを多く含む食品)

サポニンを多く含む食品は、大豆や黒豆、ゴボウ、紅茶、緑茶、コーヒー、ブドウの皮、高麗人参、桔梗、田七人参などがあります。
田七人参に含まれるサポニンの量は、朝鮮人参の3倍から7倍あると言われる程豊富です。

(サポニンの性質と食品から摂取する注意点)

サポニンは水溶性なので、水や油に溶けやすい性質があります。その為、大豆や黒豆、ゴボウなどを食べる時、サポニンを効率良く摂取するには、煮汁も一緒に使う事がポイントです。
また、食品からサポニンが浸透しないように、蒸す調理方法もおすすめです。例えば、最近では無水鍋という水を使わないで、色々な調理が出来る鍋があり、こういった調理器具を使うのも良い方法です。

(サプリからサポニンを摂取)

黒豆や大豆、ゴボウなどは身近な所で入手が容易ですが、朝鮮人参や田七人参などは中々入手出来ない食品です。
効率的な摂取を目指すならサプリが理想的で、最近では複数のサポニンサプリが販売されています。商品によって、サポニンの配合量や由来原料、副成分、価格などが様々なので、選ぶ時には自分に合った予算と、配合量の多さを選ぶ基準にするのがおすすめです。
サポニンサプリの副成分には、アミノ酸やミネラルなどを配合している商品もあるので、副成分にも注目するのがポイントです。

有名な食品は大豆

サポニンが多く含まれる食品の代表が、大豆です。豆乳や豆腐、おから等の大豆製品を積極的に食べるようにすることで、サポニンを摂取していくことができます。
大豆に含まれている大豆サポニンは、コレステロール値や中性脂肪を低下させる働きがあります。

根菜ならゴボウ

若返りにも効果を期待できると注目を集めているのが、ゴボウに含まれているサポニンです。様々な料理に使われるゴボウですが、サポニンを積極的に摂取したいのであれば、蒸す、もしくは茹で汁まで全て飲む料理を作ることがおすすめです。
サポニンというのは、水に溶け出しやすいという特徴がある成分の為、調理法によっては、積極的に食べているのにサポニンを殆ど摂取できない状態になってしまう可能性があります。

田七人参と高麗人参

漢方として重宝される田七人参と高麗人参にも、サポニンが多く含まれています。日本では食材としては馴染みが薄い田七人参と高麗人参ですが、薬膳料理の材料として使われることがあります。それ以外に、薬酒という形でも使われています。
薬膳料理を食べたり、薬酒を飲んだりする機会がないという人の場合、田七人参や高麗人参が配合されたサプリメントの摂取を考えておくと良いでしょう。

サポニンを含む野菜

・サポニンの効果

サポニンは植物の根や茎などにあり、えぐみや苦味となる成分です。
ファイトケミカルとも言われ、健康効果も期待されています。

サポニンは糖尿病やダイエット、さらにアレルギー対策などにも効果が期待できます。

・サポニンはゴボウに多く含まれる

サポニンが多く含まれている野菜の中でも比較的手に入れやすいものはゴボウです。
ゴボウはアクが強いのでわかりやすいかもしれません。

アクが出過ぎてしまうと、サポニンの効果が減ってしまいます。
蒸したり、炒めたりする調理がお勧めです。

茹でてしまうとお湯にサポニンが流れ出てしまいます。
その場合は茹で汁も使うようにすると良いでしょう。

・サポニンの摂り方

ゴボウはサポニンが多く含まれていることが分かっていても、なかなか普段の食生活に登場しない野菜という人もいます。

ゴボウは値段もそれほど安くはないですし、調理が面倒に感じて、手が出にくいという場合もあるかもしれません。

このような時にサポニンを効果的に摂るために、サプリメントを利用するのも一つの方法です。

サポニンは多く摂り過ぎると、副作用が出てしまう場合があるので気をつけましょう。
万が一、体調が思わしくない時はすぐに使用を中止して、場合によっては医療機関を受診することも必要です。

サポニンを多く含む大豆

大豆特有のサポニンの成分

大豆にはサポニンが豊富に含まれていますが、それは大豆サポニンと呼ばれる特徴的なものであると考えられています。大豆にしか配合されていない、他とは少し異なったサポニンであるとされているため、多くの人からの関心や興味が抱かれています。様々な効果を期待できる点も、大きなポイントとしてしばしば取り上げられています。

高く期待できる抗酸化作用

大豆サポニンには、強い抗酸化作用の期待できるという特徴が備わっています。体内の機能を衰退させず、健康的に生活するためには欠かせないメリットであることから、大豆由来のサポニンを積極的に摂取していくことが大事であると認識されています。エイジングケア等にも繋がるため、女性たちにも嬉しい効果であると言えるのではないでしょうか。

血栓の発生の抑制と動脈硬化予防

血栓ができないように血をさらさらな状態に維持する効果も、大豆サポニンの魅力のひとつとして数えられています。また、このような作用は動脈硬化のリスクを低くすることにも絡むとみられていることから、摂取が推奨されています。病気になる可能性を下げることに大きく貢献するため、大事なメリットとして捉えられています。

 

おすすめなサポニンサプリ

<サプリを飲む本当の意味>

大豆を含んだサプリは、からだにとってやさしい成分に関係します。最近内臓脂肪で悩んでいる人は、食生活の他にサプリを併用して栄養を確保することが大事であるため、血行の促進を図ることが重要です。便利に摂取できる世の中となり、健康食品そのもののよさを判断することが理想です。加齢とともに抗酸化物質が懸念されれば、動脈硬化を引き起こすことにつながるので、自分なりのコントロールが大事です。

<希少価値があるサポニンサプリの特徴>

世界中で販売されているサポニンサプリの中で表かされている内容は、覚えやすい商品名が多いです。高麗美人や紅参タブレットは、最高峰の素材のみを厳選しており、1粒の価値が珠玉となっている要素が見られます。体内のバランスを強化させられれば、免疫力をアップさせる内容へつながり、摂取後すぐに効能を実感できる要素が期待されます。定期で申し込むことができれば、濃縮された成分を生かす要素につながります。

<健康診断の数値が気になるならば>

サポニンサプリは健康診断の数値が気になってしまった人に、飲んでほしい内容を含みます。体力を維持してやりたいことへ専念できれば、若々しさを取り入れる状況が生まれます。

サポニンとは

サポニンというのは、高麗ニンジンや大豆などに含まれているということが有名です。
植物の根っこなどに含まれていることが多く、配糖体の一種とされています。
このサポニンが健康を維持するために、たいへん重要な働きをするということが近年の医学研究の結果分かってきました。

サポニンの効果

健康を維持するというサポニンは、どういった点で健康維持に作用しているのでしょうか。
それは口から入った食べ物が吸収されるときに、脂肪として蓄積されるのを防ぐことが挙げられます。
さらに血中にある悪玉コレステロールをの数値を低下させる効果もあります。
体を錆びつかせるという活性酸素やウイルスや細菌など、体を壊す方向に働くものから体を守るという、ナチュラルキラー細胞が元気に働けるようにするという作用があります。
また、インスリンの働きが弱ると発症する糖尿病を防ぐような作用があるために、血液をさらさらと流れるようにする働きがあります。
このため、肥満なども抑える効果が期待できます。

お勧めのサポニンサプリについて

サポニンを食べ物として毎日摂取するのは、なかなか難しいのですが、サプリメントを利用すると簡単に健康維持のために摂取することができます。
特にお勧めなサプリは、「白井田七」「高麗美人」「高麗の恵み」などで、人気の高いサプリです。

 

 

サポニンで更年期障害の緩和

血流の滞留を改善

更年期の時期には、血流が滞りやすくなる傾向があるとされています。血流が停滞がちになると、全身の健康状態にも良くない影響が出ることから、サポニンの摂取はこのような悩みを改善することに役立つと考えられています。血流の動きを活発に近付けることで、全身のヘルスケアにも繋がるのではないかとみられ、その点がメリットとしても挙げられています。

自律神経の状態の調節

更年期には、交感神経と副交感神経の均衡が破れやすくなります。それが自律神経の動きを全体的に乱し、気持ちが落ち着かなくなったり、抵抗力が下がったりするとされています。サポニンは両方の神経のバランスをきちんと整える機能を持っており、更年期の時期の人をサポートしてくれるものとして挙げられています。心身ともに安定した状態に導くことが期待できるでしょう。

更年期に募りやすいストレスの緩和

心身の状態が不安定になる更年期には、ストレスが溜まりやすくなることもしばしばあると考えられています。サポニンはリラックス作用があり、更年期の症状によるストレスの緩和にも役立っていくものと認識されています。更年期の症状からストレスが発生し、更に更年期の状態が悪化するという流れを断ち切ることにも効果があるのではないでしょうか。

サポニンの毒性

・サポニンの毒性の有無

サポニンの毒性の有無についてはサポニンの種類により異なります。サポニンは種類によっては血液中に含まれている赤血球を覆う膜を溶かす溶血作用があり、この溶血作用は界面活性作用によると言えます。そして界面活性作用により細胞膜を破壊してしまい赤血球が破壊されてしまいます。そしてこの溶血作用と界面活性作用は特定のサポニンには強く出るモノがあると言えます。だからその植物を過剰に摂取すると溶血作用が強く出て吐き気、下痢、消化器系に悪影響を与える場合があります。

・毒性の強いサポニンと弱いサポニン

サポニンの中で毒性が強いサポニンとしてゴボウを挙げることが出来、ゴボウは皮の部分に多くサポニンを含んでいます。サポニンはアクとして排出されるので料理をする時には水に晒してアク抜きして食べることをお勧めします。逆に溶血作用のないサポニンも存在し、大豆サポニンは溶血作用がほとんどないのでサポニンの毒性が気がかりな人は大豆や大豆の加工食品を食べるといいでしょう。

・安心してサポニンを摂取する方法

サポニンの毒性は強い毒性を含むサポニンを過剰に摂取しり、間違った処理方法で食べた場合に成分が凝縮されてしまい毒性が強く出てしまいます。安心してサポニンを摂取する方法としては大豆から摂取する他にもサプリメントを摂取する方法があります。 サプリメントに使用されるサポニンは安全性が高く、さらに無農薬、有機栽培のモノが原料として使用され品質管理も徹底しています。だからサプリは摂取目安を守れば毒性、副作用などの心配はありません。

サポニンを含む植物

(サポニンに期待できる効果)

サポニンは、脂肪の吸収を抑制する作用があり脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。
また、血中の悪玉コレステロールを低下させる働きがあるため、コレステロール値を下げる効果が期待できます。

(免疫力アップや咳、痰の抑制効果)

サポニンは、免疫機能の活性化をする働きがあるので、体外から進入してくるウイルスへの抵抗力が上がり、免疫力アップの効果が期待できます。
免疫力が上がることで、風邪やインフルエンザ予防に繋がるため、体力が落ちている人はサポニンの摂取がおすすめです。
また、桔梗に含まれているサポニンを摂取すると、肺に進入した異物を排除する分泌液が促され痰が出やすくなるので、痰を除いたり咳を鎮める働きにも注目されています。

(植物に含まれているサポニン)

サポニンは多くの植物に含まれていますが、根や茎、葉などに含まれている配糖体の一種です。サポニンを含む植物で有名なのは、大豆や高麗人参、田七人参、桔梗などですが、これらの植物にはサポニンが多く含まれています。
色々な植物にサポニンは含まれていますが、植物の種類によって安全性は変わります。
大豆や人参に含まれているサポニンは安全性が高いですが、桔梗など生薬に含まれているサポニンは、過剰摂取すると溶血作用や、吐き気を起こすケースがあるため注意が必要です。

サポニンの泡と界面活性剤

サポニンとは

みなさんはサポニンを聞いたことがあるでしょうか。これは成分の1つであるのですがあまり聞いたことがない方が多いと思います。このサポニンは主に植物の葉っぱや根っこの部分によく含まれているもので、有名なものは椿油などに多く含まれています。この椿油はダニなどにも効果があります。それは主にこのサポニンが働いているからなのです。

サポニンの効果

サポニンは天然の界面活性剤とよく言われます。界面活性剤とは石鹸と同じイメージで泡立てると汚れを落とす役割をもつもののことをいいます。なので泡と界面活性剤にはこのような関係があるのです。このサポニンは天然のものなので体に影響が少ないものということで注目が集まっています。なので椿油を使うことは体の健康にも良いのです。

サポニンの活躍

多くの界面活性剤は天然のものではないです。石鹸やシャンプーなどは化学製品なので天然とは言えません。なので自然にとれるこのサポニンを主成分とする界面活性剤はとても体にもよいということで活躍しています。サポニンには抗菌作用殺菌作用しっかりとあるので効果は十分です。さらにきちんと泡立てることでこれらの効果が上がるので、泡は非常に重要です。これからもサポニンはより注目されるので、チェックしておいても損はないと思います。

 

血糖値コントロールはサプリ

高めの血糖値に悩む人に人気のサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は田七人参を贅沢に使ったあの和漢サプリでした。

血糖値に効くサプリランキングバナー

-血糖値サプリメント

Copyright© 血糖値の神様 , 2018 All Rights Reserved.