血糖値の神様

血糖値が高い!糖尿病が怖い!そんな方に運動や食事による血糖値対策を紹介します

インスリン分泌条件とインスリン抵抗性

更新日:

人間というのは、体の血液中のブドウ糖を燃料にして動いています。ブドウ糖はごはんやパンなどの炭水化物、お菓子などの糖分にも含まれています。食事によって血糖値が上がってしまうとすい臓にいるβ細胞が素早くキャッチして、インスリンを分泌します。

インスリンの働きによって臓器の血糖と混ざってエネルギーとして使われたり、蓄えたりします。さらにたんぱく質の合成や細胞の増殖を促してくれます。食後に増加した血糖はインスリンによって速やかに処理され一定量に保たれるようになっています。

血糖値スパイクの診断チェック!原因と対策は?

・血糖値スパイクとは 食後に血糖値が上昇することで短時間だけ血糖値が一気に上がり、時間が経過すると正常値に戻る生理現象を意味します。ちなみに定義としては食後血糖値が140mg/dl以上となった場合を血 ...

続きを見る

インスリン抵抗性

体が臓器から分泌しているインスリンが細胞に十分作用しない状態をインスリン抵抗性と言います。

先程も説明した通り、私達人間はブドウ糖なしでは生きていけません。しかし、ブドウ糖を摂ると自然と血糖値が上がってしまい、この血糖値を下げるためにインスリンがあります。

このインスリン抵抗性というは、何らかの理由が原因で、インスリンが十分に通用しなくなるため、血糖値を下げようと体がもっとインスリンを出そうとしてしまいます。

この状態をインスリン抵抗性の増大と言い、そうなってしまうと高血糖になり、メタボから2型糖尿病へと進行してしまいます。しかし、β細胞が強い人は、インスリン抵抗性増大になったとしても見合うインスリン分泌量が維持できていれば糖尿病にはなりません。

 

血糖値コントロールはサプリ

高めの血糖値に悩む人に人気のサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は田七人参を贅沢に使ったあの和漢サプリでした。

血糖値に効くサプリランキングバナー

-血糖値の基礎知識

Copyright© 血糖値の神様 , 2018 All Rights Reserved.