血糖値の神様

血糖値が高い!糖尿病が怖い!そんな方に運動や食事による血糖値対策を紹介します

HbA1c(ヘモグロビンA1c)をラクに下げる方法は1つ

更新日:

ヘモグロビンA1cを下げるまでにかかる期間

<ヘモグロビンA1cは6.5%が分かれ目>

糖尿病における検査では、ヘモグロビンa1cの数値もきちんとチェックされます。ヘモグロビンa1cはインシュリン投与によって平均値まで戻すことが真っ先に行われますが、本人の精神状態を考慮して適切な方法を選ぶことが推奨されます。また6.5%以上は糖尿病予備軍とされ、一刻も早く医師の診断を受けて、対策に講じることが順当です。血糖値のコントロールを自らで実施すれば、指標となる数値を楽々クリアできます。

<下げるまでかかる期間を見ておきましょう>

ヘモグロビンa1cは食生活に密接に関係していることであり、1%下げる内容すら大変な状況です。理想としては1月に1%下げるということが提唱され、代謝をアップさせることをセットで行う必要があります。またヘモグロビンa1cの数値は、生活習慣病に反映される機会が多く、食事と運動を見直すという状況が求められます。元から血糖値が高い傾向にある人は、細心の注意を払う必要が出てきます。

<精神的な負担を軽減させる努力が必要です>

ダイエットと同様、ヘモグロビンa1cを下げる活動は高いモチベーションが必要です。そのため食べる行為自体が好きな人は、あらゆる状況に程々な状態を見出すことが大切になってきます。

HbA1c基準値と目標値(正常値)

糖尿病と診断されるには血糖値とHb A1Cの値により診断される。HbA1C(NGSP)値が6.5%以上の場合糖尿病が疑われます。HbA1C値(JDS)の場合は6.1%以上で糖尿病と診断されます。

HbA1Cはヘモグロビンにグルコースが結合した糖化ヘモグロビンであり、約2ヶ月間の血糖値を反映すると言われています。

正常値はNGSP値で4.6~6.2%、JDS値で4.3~5.8%です。HbA1Cの値が上昇すればするほど、糖尿病の合併症(糖尿病性網膜症、腎障害、自律神経障害)の発症頻度は高くなるため、HbA1C(NGSP値)を7.0%以下に管理目標値とすることで血管障害の悪化を予防することができます。

血糖コントロール指標と糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症の悪化の関係を明らかにした熊本研究によれば、HbA1C(NGSP値)が6.9%未満、JDS値で6.5%未満では網膜症、腎症の悪化はないことが明らかにされたためです。

このときの血糖値は空腹時血糖値で130mg/デシリットル未満を目安にします。血糖値の正常化を目指す方はHbA1Cを6.0%以下にする目標値の設定が行われます。あくまでもこれらの数値は目安であり、実際は年齢、依存症などの患者の状態に合わせた数値の設定を行います。

血糖値が自宅でわかるHbA1c検査機器と安全な検査方法

HbA1cは通常クリニック等で測定します。過去1、2カ月の血糖値の値を反映しますのでその日、その採血の時だけ絶食して行っても効果は現れない数値です。  ですので、糖尿病の方の場合はどんな食生活を送って ...

続きを見る

ヘモグロビンA1cが8の危険性

・何故ヘモグロビンA1cを調べるの?

ヘモグロビンA1cを調べると過去2ヶ月から3ヶ月程度の平均血糖値がわかるといいます。糖尿病の診断には、空腹時血糖を測定することが大切ですが、その前の食事も反映されるため、長期的な血糖値を知るためには、ヘモグロビンa1cを調べることが大切なのです。

・ヘモグロビンa1cが8を超えたらどんなリスクがあるの?

糖尿病はコントロールをすることが大切です。それは糖尿病から来る失明や腎症、神経障害などの発症を抑える為でもあります。ヘモグロビンa1cは5.8くらいまでが正常の範囲で、それを超えて6.5までは糖尿病の予備軍として考えられます。ヘモグロビンa1cの値が8というのは、それ以上の値であるため、当然これまでの数カ月の血糖が高い、またコントロールが不良であると考えられるべきなのです。

・ヘモグロビンa1cの値8以上あるといわれたらどうしたらいいの?

血糖値をコントロールするのは、食事、内服薬などです。もしも病院の指導により食事や運動の指摘を受けたなら、それを実践することが大切です。そして内服薬の処方などあれば、確実に服薬することが大切です。糖尿病は生活習慣病ですから、食生活が大きく影響します。ヘモグロビンa1cはその成績表のような物。そのためにしっかりと生活習慣を見直して対応することが大切です。

ヘモグロビンA1cが9は合併症リスクが高い

ヘモグロビンA1c9は合併症の危険がいっぱいです

糖尿病は自覚症状がないと言われますが、それは発病後、合併症が出ていない状態のことです。合併症が起きないのは通常ヘモグロビンA1cが5.7以下といわれています。したがってこの値が9ということは合併症がいつ起きても不思議ではないきわめて危険な状態ということになります。すぐに治療を始めないといけません。

まずはヘモグロビンA1cを6.5程に下げましょう

合併症を防ぐために、直ぐに5.7以下の目指してもなかなか厳しいものがあります。食事と運動療法といわれますが、生活習慣を大きく変えないといけないのですが、これが難しいのです。まず薬を規則正しく飲んで6.5を実現しましょう。この間に、日常生活を見直して3食しっかり食べて間食を取らずに軽い運動が身につけるようにしましょう。

ヘモグロビンA1cを5.7以下にするためには

薬が改善されていますから、6.5までは比較的簡単に改善されるはずです。しかし、それから目標の5.7以下を実現するためには患者の強い意志が必要になります。6.5程度の状態が長く続けばいろいろな合併症が発症してしまうことに変りはありません。糖尿病は血液の病気ですから全身のどこに影響が出てもおかしくありません。脳の異常もあれば足の指の壊死、網膜にも異常が出ます。したがって、9から大きく改善されて6.5程になったからといって油断はできません。

合併症を防ぐためには

合併症の危険がなくなると言われているのは5.7以下ですが、100%保証されているわけではなくて過去の経過によって網膜の血管に異常が出たりすることはあります。したがって、日常の管理として眼底検査、脳のMRI、腎機検査など定期的に行う必要があります。食事と運動をうまく組み合わせて、5.7以下の状態を維持するように頑張りましょう。

ヘモグロビンA1cが10以上は病院へ

(ヘモグロビンA1cが10以上)

ヘモグロビンA1c(エーワンシー)は、1ヶ月から2ヶ月の赤血球中のヘモグロビンと糖の結合する割合の平均の血糖値を現す値で、5.6%未満で正常範囲と言われます。
この値が6.5%以上で、糖尿病の診断基準に該当する為、10以上はかなり注意する必要があります。

(ヘモグロビンA1cが10以上の症状)

ヘモグロビンA1cが10%以上の場合、口の渇きや頻尿、体重減少など個人差がありますが現れやすくなり、この数値が長く継続すると合併症を起こすリスクが高くなっていきます。
5年以上この状態が続くと、おおよそのケースで、糖尿病性の神経障害や腎症、網膜症などを引き起こします。

(ヘモグロビンA1cを下げるには)

ヘモグロビンA1cが10%以上の場合には、医療機関での治療法が必須ですが、A1cの数値を下げるには、普段からの色々な改善への心掛けも大切になっていきます。

食生活の改善や適度な運動を行い、サプリなどの摂取も期待できる方法の一つです。サプリの種類では、サポニンが含まれているタイプが理想で、糖の数値や悪玉コレステロールの数値が高い人にもおすすめです。

食べ物では、フコイダンが多く含まれている褐色系の海藻類が良く、特に含有量の多いもずくがおすすめです。フコイダンは、肝機能促進やコレステロールの調整などに期待ができる成分です。

HbA1cの治療にインスリン

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)は、健康診断の時にもたびたび目にする検査項目ですが、この検査は本来、私たちの血液にも含まれている赤血球中のヘモグロビンが、一体どのくらいの割合で糖と結合しているのかを測っているもの。

血液中の血糖値が高めであれば、自然にこのHbA1cの検査の値が高くなり、糖尿病であるかどうか診断出来るのです。

一般的に、糖尿病と診断されるHbA1cの数値の値ですが、およそ6.5%を超えた場合に、医療機関では糖尿と考えられます。

更に飲酒、喫煙など生活習慣が全く改善されず、HbA1cの値が上がり、8.4%以上の状態が続くと、糖尿病による他の合併症を発症する危険性があります。
そうなると、失明や人工透析など生活にも大きく支障が生じてしまいます。

そのような事態を避けるためにも、糖尿病と診断された患者さんの治療に使われているのが、インスリンです。
糖尿病の人の場合は、このインスリンの量が体内で不足しがちになり、たとえ体内でインスリンが分泌されても上手く機能出来ないため、血液中の糖質を処理し切れず、血糖値が上がってしまっているのです。

そうしたインスリンを効果的に体内に取り入れるために、多くの病院で提案されているのが、注射によってインスリンを摂る治療法です。

また、最近では、インスリンの注射も、通常の採血時やワクチンを接種する際に使用する注射器ではなく、注射器自体がペン型で外出の時にも持ち運びが便利な上、針も非常に細く、痛みが少ないよう工夫が施されています。
糖尿病の合併症を引き起こさないためにも、HbA1cの数値が高く糖尿病と診断された方は、インシュリン治療に対して積極的な見方を持つことも大切です。

血糖値コントロールはサプリ

高めの血糖値に悩む人に人気のサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は田七人参を贅沢に使ったあの和漢サプリでした。

血糖値に効くサプリランキングバナー

-HbA1c下げる

Copyright© 血糖値の神様 , 2020 All Rights Reserved.