血糖値の神様

血糖値が高い!糖尿病が怖い!そんな方に運動や食事による血糖値対策を紹介します

血糖値下げるコーヒー!糖尿病に効果的な成分と飲み方ブラック

更新日:

コーヒーは糖尿病予防に効果あり

コーヒーは糖尿病の発症率を下げたり、耐糖能という糖を処理する能力の低下を防ぐ働きを持っています。
世界各国で研究が進められていて、ある研究では1日に何杯ものコーヒーを飲む人は糖尿病の発症率が5割以上も低いという結果が出ているほどです。

嗜好品としてのコーヒーが糖尿病予防に約立つなら、生活に上手に取り入れていくのが賢明です。

血糖値下げるのはムリだが牛乳の乳糖は血糖値の急激な上昇を抑える

牛乳には血糖値を上げにくくし、緩やかに下げてくれる作用が存在します。こうしたメリットをもたらしてくれる成分は乳糖です。乳糖は糖分の一種ではあるものの、通常の糖分よりも消化と腸への吸収がゆっくりであるた ...

続きを見る

コーヒーの成分の働き

コーヒーにはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。
このクロロゲン酸には代謝を高める作用がありますから、糖質に働きかけてくれて血糖値が上昇するのを抑えてくれます。

また、眠気覚ましの作用を持つカフェインは、血糖値を下げる働きを持つインシュリンの分泌を活性化してくれます。

糖尿病予防に良いコーヒーの飲み方

糖尿病予防のためにコーヒーを飲むなら、砂糖やミルクを入れないブラックで飲みましょう。
砂糖やミルクは血糖値を高める原因になりますから、避けるのが無難です。

また、飲む量は1日に3、4杯くらいが適量で、あまり多すぎても胃腸を荒らしてしまいますし、カフェイン中毒のような症状が出やすくなってしまいます。
逆に少ないとせっかくのコーヒーの効果が充分得られなくなりますから、3、4杯がベストです。

2型糖尿病に対するコーヒーの実験効果

コーヒーを普段から習慣的に飲んでいる人はII型糖尿病を患う可能性が低いという実証結果があることが知られています。その理由としていくつかの成分が挙げられます。

まず、コーヒーにはクロロゲン酸という成分が入っています。このクロロゲン酸というものはポリフェノールの仲間の一種なのですが、人間の血糖値を唯一下げることのできるインスリンの分泌を促進する働きを持っています。このことからコーヒーを飲んでいる人と飲まない人を比較してみると、飲んでいる人のほうが糖尿病のリスクが低いという結果が実証されているそうです。

ですが、糖尿病対策としてコーヒーを飲む場合は食後30分以内をめどに飲まなければなりません。それ以降になると、カフェインが鉄分の吸収を阻害してしまうというデメリットが発生してしまうからです。もし仮に貧血で悩んでいる場合は鉄分は必須なモノですから、お医者さんと相談して上で実行に移すことをオススメします。

ただ、これはあくまで糖尿病を患っていない方のケースであり、糖尿病に悩んでいる方がこの対策をすると逆効果になることも報告されているそうです。その理由として、インスリンの感受性に悪影響を及ぼしてしまうことが原因だと言われています。

ですが、糖尿病になっていなければまだ間に合う対策なのでやってみてはいかがでしょうか。

トクホのフィットライフコーヒー徹底レビュー!

フィットライフコーヒーを今すぐ購入する   新聞広告で見かけたフィットライフコーヒーを実際に試してみました。 写真もいっぱい撮ったので参考になると思います。   フィットライフコー ...

続きを見る

血糖値コントロールはサプリ

高めの血糖値に悩む人に人気のサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は田七人参を贅沢に使ったあの和漢サプリでした。

血糖値に効くサプリランキングバナー

-血糖値下げる食べ物

Copyright© 血糖値の神様 , 2018 All Rights Reserved.