血糖値の神様

血糖値が高い!糖尿病が怖い!そんな方に運動や食事による血糖値対策を紹介します

尿酸値を下げるアンセリンの効果3つと副作用!食べ物飲み物よりサプリがおすすめ

更新日:

・疲労感を軽減する効果

アンセリンの効果の一つは、疲労感を軽減してくれる作用です。
これは、激しい運動やストレスなどで発生する体内の活性酸素を抑える強力な抗酸化パワーによるもの。

そもそもアンセリンは渡り鳥や回遊魚など、持久力を必要とする動物の筋肉に豊富に含まれている成分。これらの動物達が長距離を移動できるのは、アンセリンのおかげなのですね。

・アンチエイジング効果

前述の通り、アンセリンには活性酸素を抑えるパワーがありますが、それはつまり体の老化を抑えるという「アンチエイジング効果」があるということにもつながりますね。

活性酸素は細胞を老化させてしまいますが、例えばお肌にとってもシミの元になったりハリや弾力を失ってシワの原因になってしまったりします。
アンセリンを摂ることで、体全体はもちろんお肌も若々しくいられるという効果が期待できるのです。

・尿酸値を下げる効果

アンセリンは、尿酸値を下げる効果があるとして様々な痛風サプリなどに使用されています。
尿酸値が高くなる原因はプリン体ですが、アンセリンには、プリン体が尿酸になる前に再度プリン体に戻す働きのある酵素の量を増やす働きがあるのです。

また、体に乳酸が溜まると尿酸が体外に排出されにくくなりますが、アンセリンは乳酸の代謝をスムーズにして尿酸の排出を促進することで尿酸値を下げる効果が見込めます。

高尿酸血症薬の効果と副作用

高尿酸血症と診断された場合、生活習慣の改善でも尿酸値に変化が見られない場合や合併症がある場合は薬を使って尿酸値を下げる治療が行われます。 ・高尿酸血症薬の種類と効果は? 高尿酸血症薬には二種類あります ...

続きを見る

アンセリンを多く含む食品(食べ物と飲み物)

(アンセリンの働きと多く含む食品)

尿酸値を下げることは、痛風の予防や改善との関係性が高く、アンセリンは尿酸の過剰生成抑制や過剰に生成された尿酸を排出する働きがあります。
また、細胞の老化を早める活性酸素を抑制する働きもあるため、アンセリンの摂取は疲労回復やアンチエイジングへの効果も期待できます。

アンセリンを多く含む食品は、カツオやマグロ、サケ、鶏肉などですが、尿酸値を下げる目的で摂取する場合注意したい点もあります。

(食品でアンセリンを摂取する際の注意点)

痛風予防や改善を目指す場合、尿酸値を下げることは大切な対策の一つで、尿酸値を下げる働きが期待できるアンセリンを摂取することは、効果的な対処法と言えます。

しかし、アンセリンを多く含む食品には、尿酸値を高くするプリン体が含まれているので、下げる目的で過剰な摂取をすると改善ではなく悪化する可能性もあります。

(プリン体のリスクを避けて摂取するには)

カツオやマグロを食べるなど、食品からアンセリンを摂取すると、プリン体も摂取することになってしまうため、可能ならアンセリンだけに絞り込んだ摂取をしたいと思います。

そんな時は、アンセリンのサプリを使用することで、プリン体など摂取したくない成分を避け効率的なアンセリンの摂取ができます。
また、食品からの摂取は継続性が難しいという点があります。しかし、サプリなら毎日継続していくができます。

アンセリンを多く含む野菜ジュースや飲み物

アンセリンは、マグロやカツオといった赤身の回遊魚に含まれるアミノ酸の一種です。毎日継続して魚を食べるのが大変だと感じる場合には、サプリメントやドリンクを利用して摂取するのがおすすめです。

・雪印メグミルク 「アンセリン 1日野菜プラス」

ビタミンや食物繊維が豊富で健康増進に役立つとして人気の野菜ジュースに、さらにアンセリンをプラスした商品が、雪印メグミルクから販売されている「アンセリン 1日野菜プラス」です。飲みきりサイズの200ml紙パックで販売しているので、携帯して外出先で飲みたい時にも便利で、保管場所もコンパクトで済みます。

・痛風に悩まされている人におすすめ

アンセリンには、尿酸が排出されるのを促進する働きがあり、尿酸値の高さに悩まされている人が積極的に摂取したい成分です。プリン体の低い野菜と組み合わせてアンセリンを摂取できるのは、「アンセリン・1日野菜プラス」の大きな魅力です。

・疲労が蓄積している人におすすめ

アンセリンの注目すべき効果として挙げられるのが、疲労のもとになる乳酸のスムーズな分解を促す効果です。休息を取ってもいまひとつ疲れが取れずに困っている時には、アンセリンをプラスした野菜ジュースを飲んで、疲労回復を促すと良いでしょう。

アンセリンの副作用

通風に悩む人が増える今は、適切な方法における処置が理想です。

[アンセリンと尿酸の関係性]

尿酸値が異常に高い人に共通して言える内容は、アンセリンの作用が働きにくいからだになっている点です。そこで生活習慣病を改善させるために、アンセリンを含んだサプリメントを摂取する試みが開始されています。

さらにアンセリンを多く含むものは、動脈硬化や腎不全の解決へつながる効果も期待され、健康な状態へと近づきます。

[アンセリンの副作用を事前に知っておこう]

疲労を抑制させることに効果的なアンセリンにも、副作用における注意事項は存在します。過剰な摂取と特殊な医薬品との組み合わせさえ注意すれば、私たちにとって大きな味方になってくれます。

副作用の報告が数えるだけであるという部分もアンセリンを含んだサプリメントの大きな特色であり、比較的どんな人も安心して服用が可能です。

[血圧の上下をよく知る習慣が大切]

平均的な血圧の上下の範囲に収まっていれば、健康的な暮らしが可能となっていきます。アンセリンなど高齢者の悩みを解決してくれるサプリメントが多数登場していますが、実用性があるものを優先して賢く服用することが最も大事な側面となるわけです。

アンセリンのおすすめ摂取量と平均摂取量、過剰摂取

【アンセリンはどれだけ摂ればいいの?】

アンセリンは必須栄養素ではないこともあり、研究が始まったばかりなので、国が決めた基準はありません。
市販のサプリメントは1日あたり50mg~100mgの配合になっているものが多いので、それを目安に100mg程度摂取すればいいのではといわれています。

ただ、アンセリンの健康効果のひとつ、抗酸化作用の効果は、実験では400mg~600mg摂ったときに認められています。

【アンセリンを摂りすぎたらどうなるの?】

アンセリンの過剰摂取で問題が起きたことは今のところありません。
アンセリンは体の中でアミノ酸に変わりますし、元々アンセリンは食べ物に含まれている成分なので、たくさん摂ると体に良くないということはないのです。

しかし、まだ研究があまりされていないだけで、今後、摂り過ぎによって悪影響が出る人がいないとは限りません。
それに、アンセリンをサプリで摂る場合、そのサプリに含まれているアンセリン以外の栄養素に摂り過ぎが良くないものもあります。
決められた分量を守るようにしましょう。

【食事で摂れば大丈夫?】

アンセリンは日ごろ口にするマグロやカツオ、シャケ、鳥胸肉などに含まれています。
サプリでなければアンセリンをたくさん摂っても大丈夫かというと、食事だけでは、たくさん食べなければいけませんし、同じようなメニューが続いてしまいます。

また、アンセリンの多いマグロやカツオは、痛風患者に厳禁なプリン体も多く含まれています。
アンセリンの効果を期待して食べ続けたら、痛風がひどくなったということだってあるのです。
確実に安全にアンセリンの効果を求めたいのなら、サプリや飲料で摂った方が良いでしょう。

尿酸値が下がる市販のサプリおすすめ3つ!DHC

尿酸値が下がるサプリおすすめ3つを紹介します。 ・DHCアンセリン まずDHCアンセリンは3つの中でもイチオシで鮪、鰹といった回遊魚のスタミナ源である特有成分を30倍に濃縮したフィッシュペプチドが配合 ...

続きを見る

 

血糖値コントロールはサプリ

高めの血糖値に悩む人に人気のサプリを詳しく評価してランキングにしました。1位は田七人参を贅沢に使ったあの和漢サプリでした。

血糖値に効くサプリランキングバナー

-痛風・尿酸値

Copyright© 血糖値の神様 , 2018 All Rights Reserved.